【ウェビナー動画】年間調査から紐解くSnowpeakのInstagram活用!SNSを売上に繋げる3つのポイント

ビジネスへの実利貢献が見えづらいSNS施策。フォロワー・UGC・エンゲージメントなど、さまざまなKPIを追い求めるInstagramですが、どういった実績がサイトへの送客、売上への貢献、LTV(継続的な顧客獲得)につながるのでしょうか。
本セミナーではアウトドア総合メーカー「スノーピーク」のInstagramアカウントと売上データを相関分析し、SNSがどれほどビジネスへ貢献するのか、明らかにします。約1年間に渡る調査結果から見えた、データの結集と紐解き方をぜひご覧ください。
※フォーム入力後に動画視聴用のURLをメールでお送りさせていただきます。

登壇者一覧

株式会社スノーピーク
長田 敦宏 氏
WEB制作会社でディレクター経験を積み、2015年大手ECモールへ転職。ポイント関連サービスのアプリ、システム開発に従事。2019年スノーピーク入社。現場のパッションと開発のロジックを行き来しながら、サービス開発に取り組んでいる。スノーピークが主催するオフラインイベントを通し、お客様のリアルな声を活したユーザー目線のサービスづくりを実践中。
テテマーチ株式会社
松重 秀平
テテマーチ株式会社 取締役。2015年6月に創業したテテマーチ株式会社にてSNS事業の立ち上げを行う。
現在はサブスクリプション型のSaaSであるInstagram分析ツール「SINIS(サイニス)」のグロースおよび、SNSの研究チーム「サキダチラボ」の所長を務める。
テテマーチ株式会社
清水 優志
SINIS事業部において、SINISに蓄積された30,000以上のInstagramアカウントのデータ分析を担当。
過去、事業会社においてECやWEBメディアのマーケティングに関わった経験を活かした、企業目線のデータ分析・提案を行う。
セミナー

最新の記事一覧