2021年のSNSを振り返る|変遷と事例で知るソーシャルメディアの未来図

開催 | 2021年12月17日(金)13:00 - 17:00

イベント概要


2021年に起きたソーシャルメディア市場の変化と進化を伝え、戦略と適応力が光ったプロモーション事例をご紹介。
1年間振り返って見えた動向から、2022年のソーシャルメディア市場のトレンドや、注目しておきたいポイントを予測します。

開催概要

日時 2021年12月17日(金) 13:00 - 17:00
参加費 無料
定員

200名(応募多数の場合抽選)

視聴方法

Zoomでのオンライン配信

申し込みフォームよりご登録いただくと、メールにてご案内いたします。
ご案内メールが届かない場合は、お手数ですが(info@tetemarche.co.jp)までご連絡ください。

こんな方におすすめ


2022年初頭~中期にかけて、Twitter・Instagram・TikTokプロモーション戦略で悩んでいる担当者
Twitter・Instagram・TikTokのプラットフォーム動向や未来予測を具体的に想定したいブランド担当者
売上や実利貢献まで見据えたロジックに基づく事業グロースを見据えた戦略を描く事業会社の方

セッション-01 SNSマーケティングの変遷とこれから

Instagram・Twitter・TikTokの2021年における変化と進化を振り返ります。プラットフォームのコマース化、ショート・ライトコンテンツへの参入、クリエイターへの還元に向けた動きなど、目まぐるしいアップデートが多数ありました。これらはユーザー行動や市場・経済にどういった影響を与えるか、SNSプロモーショントレンドとマーケティング市場に詳しい3人が、事例・ユーザー・プラットフォームの目線から語ります。
テテマーチ株式会社
ふくま まさひろ

企業のSNSコミュニケーションの企画提案、及び自社のマーケティング企画等を兼務。
アドテック東京2019・2020公式スピーカー、個人の活動としては、20代のマーケターイベントの企画や、chill outをコンセプトにした200人規模のイベント等を開催している。趣味は囲碁とファッションとTwitter。
テテマーチ株式会社
松重 秀平
テテマーチ株式会社 取締役。2015年6月に創業したテテマーチ株式会社にてSNS事業の立ち上げを行う。
現在はサブスクリプション型のSaaSであるInstagram分析ツール「SINIS(サイニス)」のグロースおよび、SNSの研究チーム「サキダチラボ」の所長を務める。
テテマーチ株式会社
三島 悠太
約200社以上のSNSマーケティングを中心とした戦略・企画設計を手掛けながら、複数のプロダクト・サービス事業の立ち上げを行う。現在はブランド開発・グロース支援事業のブランドプロデューサー兼事業責任者として手掛けている。
「Instagram Day Tokyo 2019」「House of Instagram 2020」登壇。

セッション-02 「じゃがりこ」のファンマーケティング

Twitterフォロワー数、約26万人を誇るスナック菓子ブランド「じゃがりこ」。ブランドならではのファンマーケティング・ユーザーコミュニティ・ブランド体験について、じゃがりこブランド担当の谷澤様と、運用支援に入られている吉田様を交えて、2021年のマーケティング戦略の裏側を紐解き、2022年の方針をお聞きします。
カルビー株式会社
谷澤 渓介 氏

市場調査会社を経て2016年、カルビー株式会社に入社。
マーケティング本部にて『カルビーポテトチップス』の担当を経て、2020年より『じゃがりこ』ブランド担当として、商品企画からコミュニケーション領域まで、幅広く従事。
カラビナハート株式会社
吉田 啓介 氏
2020年5月入社。お菓子などのメーカー、外食、コスメなどのSNSンサル・運用支援を行っている。
目標設計やビジネス貢献の可視化、再現性ある仕組み作りが得意領域。前職の(株)すかいらーくHDでは広告宣伝のほか7つの公式Twitterなどを担当した。
テテマーチ株式会社
ふくま まさひろ
企業のSNSコミュニケーションの企画提案、及び自社のマーケティング企画等を兼務。
アドテック東京2019・2020公式スピーカー、個人の活動としては、20代のマーケターイベントの企画や、chill outをコンセプトにした200人規模のイベント等を開催している。趣味は囲碁とファッションとTwitter。
テテマーチ株式会社
大鷲 伶奈

1995年生まれ。前職では美容メディアにてSNS運用/記事作成に従事した後、2019年にテテマーチ株式会社にジョイン。
現在は、Twitterキャンペーンのディレクションと、Twitterキャンペーンツール「boite」のマーケティングを担当。

セッション-03 「ブランドの変革」とInstagram戦略

オルビスの想い「ここちを美しく。」に秘められた、これまでとこれからのブランド変遷について、2021年の公式Instagramアカウント戦略を中心に語ります。「オルビスとは、どのような存在なのか?」ブランドの印象やユーザーとのコミュニケーションを高めるために、どのようにアップデートを繰り返したのか。Instagramを通じて、ブランド体験を向上するために行なった戦略について、オルビスブランドのこれまでとこれからを伝えます。
オルビス株式会社
小嶋 一平 氏

新卒でファッション通販サイト運営企業に入社。その後、ベンチャーの広告代理店とガーデニングWEBメディア運営のスタートアップに勤務。2020年にオルビスに入社。オルビス公式Instagramの運用をメインで担当している。
テテマーチ株式会社
松重 秀平
テテマーチ株式会社 取締役。2015年6月に創業したテテマーチ株式会社にてSNS事業の立ち上げを行う。
現在はサブスクリプション型のSaaSであるInstagram分析ツール「SINIS(サイニス)」のグロースおよび、SNSの研究チーム「サキダチラボ」の所長を務める。
テテマーチ株式会社
三島 悠太
約200社以上のSNSマーケティングを中心とした戦略・企画設計を手掛けながら、複数のプロダクト・サービス事業の立ち上げを行う。現在はブランド開発・グロース支援事業のブランドプロデューサー兼事業責任者として手掛けている。
「Instagram Day Tokyo 2019」「House of Instagram 2020」登壇。
テテマーチ株式会社
石渡 将利

1994年生まれ。前職では不動産テック企業にてオウンドメディアの運用に従事。
2020年11月テテマーチ株式会社に入社。大手企業を中心にInstagramの企画設計・運用等を行う。

セッション-04 ハイチオールの変遷とTikTok活用

TikTokプロモーションで、1億4,000万回以上再生された「ハイチオールC」ハッシュタグチャレンジ企画。ブランド担当として日頃の課題から、何がきっかけとなり今回の企画に至ったか、プロモーション企画の背景を深堀ります。これまでのブランドイメージと異なる体験創造に向けて活動した1年間と、2022年以降のこれからのソーシャルメディア方針を理解できる1時間です。
エスエス製薬株式会社
平川 梨絵 氏

1992年生まれ。大学卒業後、化粧品メーカー等2社を経て、エスエス製薬株式会社に入社。
美容ビタミン剤「ハイチオール」にて、ブランド戦略立案をはじめ、商品企画・プロモーション企画を担当。2020年ブランド公式SNSの立ち上げを手掛け、以降ファン拡大に向けた公式SNS運用やキャンペーンを推進。
テテマーチ株式会社
三島 悠太
約200社以上のSNSマーケティングを中心とした戦略・企画設計を手掛けながら、複数のプロダクト・サービス事業の立ち上げを行う。現在はブランド開発・グロース支援事業のブランドプロデューサー兼事業責任者として手掛けている。
「Instagram Day Tokyo 2019」「House of Instagram 2020」登壇。
テテマーチ株式会社
小林 憲史
前職の電通ダイレクトマーケティングにて多数のソーシャルメディア領域、プランニング職として従事。
2021年8月テテマーチ入社後は、自身で大手クライアントのソーシャルメディアを複数運用しつつ、ディレクターチームのマネージャーとして運用方針とプロジェクト統括を行なっている。
日時 2021年12月17日(金) 13:00 - 17:00
セッション

13:00-13:50 : SNSマーケティングの変遷とこれから
14:00-14:50 : Twitter26万フォロワー「じゃがりこ」のファンマーケティング
15:00-15:50 : オルビスの選択と集中「ブランドの変革」とInstagram戦略
16:00-16:50 : 累計1億4,000万回再生以上 ハイチオールの変遷とTikTok活用

参加費 無料
定員 200名(応募多数の場合抽選)
視聴方法

Zoomでのオンライン配信

申し込みフォームよりご登録いただくと、メールにてご案内いたします。
ご案内メールが届かない場合は、お手数ですが(info@tetemarche.co.jp)までご連絡ください。


メディアスポンサー

MarkeZine(マーケジン)
Web担当者Forum

セミナーお申し込みフォーム


本イベントの受付は終了いたしました。